May 10, 2011

How to know Oracle DB log files' path

ALERT LOG

Oracle writes the alert.log file to the directory as specified by BACKGROUND_DUMP_DEST parameter.
If it is not set, the alert.log will be created in the ORACLE_HOME/rdbms/trace directory.

SQL> show parameter BACKGROUND_DUMP_DEST


NAME                                 TYPE
------------------------------------ ---------------------------------
VALUE
------------------------------
background_dump_dest                 string
/u01/app/oracle/diag/rdbms/trace


LISTNER LOG

Oracle writes listener.log file to ORACLE_HOME/NETWORK/log directory in usual.
You can confirm the path of listner.log file using "lsnrctl status" command.


[oracle@helium ~]$ lsnrctl

LSNRCTL for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production on 10-5月 -2011 14:55:15

Copyright (c) 1991, 2009, Oracle.  All rights reserved.

LSNRCTLへようこそ。詳細は"help"と入力してください。

LSNRCTL> status
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1521)))に接続中
リスナーのステータス
------------------------
別名                      LISTENER
バージョン                TNSLSNR for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production
開始日                    13-4月 -2011 15:47:37
稼働時間                  26 日 23 時間 7 分 41 秒
トレース・レベル          off
セキュリティ              ON: Local OS Authentication
SNMP                      OFF
パラメータ・ファイル      /u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/network/admin/listener.ora
ログ・ファイル            /u01/app/oracle/diag/tnslsnr/helium/listener/alert/log.xml
リスニング・エンドポイントのサマリー...
  (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1521)))
  (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=helium.workslan)(PORT=1521)))
サービスのサマリー...
サービス"kiban.workslan"には、1件のインスタンスがあります。
  インスタンス"kiban"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"kibanXDB.workslan"には、1件のインスタンスがあります。
  インスタンス"kiban"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
コマンドは正常に終了しました。
Post a Comment